ニュース 2021年

【佐川急便】千葉県流山市に流山営業所を新設(2021/09/30)

SGホールディングスグループの佐川急便株式会社は、日本GLP株式会社(以下、「日本GLP」)が提供する「GLP ALFALINK流山8」に流山営業所を新設し、10月1日より業務を開始します。流山営業所の新設により佐川急便の営業所は429カ所となります。

佐川急便は2020年12月に日本GLPと災害時における緊急物資支援輸送などに向けた相互協力協定を締結しています。また流山市を加えた官民3者で新たに2021年2月より災害時の協力体制を構築しています。そのような中「GLP ALFALINK流山8」に入居することで、止めない物流を通じて地域社会へ貢献できると考えています。
積み合わせチャーターや、小口パレット輸送など積載率の向上、より効率の良い配達へのニーズが高まる中、この地域には全14棟の大型物流施設が設立されます。そのため流山営業所は佐川急便が運営する「TMS(※1)」を特に効率よく運用できるよう倉庫機能を備えています。近隣大型物流施設の波動的な物量に対応するだけでなくより幅広いサービスをご提供し、お客さまのニーズにお応えいたします。

流山営業所外観写真
流山営業所内観写真

営業所概要

所在地 千葉県流山市平方字下中谷806-1
営業所面積 8,882.21m2(2,625.79坪)
集配区域 千葉県流山市
従業員数 66名
車両台数 34台

(2021年8月1日現在)

佐川急便では今後も効果的な施設展開を行うことにより物流の効率化によるまちづくりに貢献し、高品質な物流サービスの提供ならびに、他の物流施設企業さまとも共創を図り新たな価値の創出を目指します。

流山営業所の新設による効果

  • 当該エリアとお客さまの距離が縮まることによって、営業所受取サービスなどのご利用が容易に。
  • 近隣物流施設群のお客さまの波動的な物量の変化に対応。
  • 営業所でお取り扱いできるお荷物との便種の切り分けが容易に。
  • 周辺物流施設におけるルート配送やJIT納品(※2)もご利用が可能。

TMSを活用した輸送展開の一例

TMSを活用した輸送展開の一例 フロー図

ニュースリリース