ニュース 2010年

【佐川急便】乳がん自己触診啓発活動の一環で女性の意識調査を実施(2010/12/16)

佐川急便株式会社は、10月より、公益財団法人佐川がん研究振興財団との協働で、オリジナルの「乳がん自己触診」ポスターを制作、自社内で掲示、啓発に努めているとともに、要望のある企業や団体にも同啓発ポスターの配布を行っています。

宅配・物流における“セールスドライバー=男性”という業界イメージが強いなか、佐川急便では自社の女性従業員の育成に力を入れ、年々女性従業員の比率を高めています。さらに、ワークライフバランスの取り組みの一環として、女性が即戦力として働き続ける労働環境を作るため、福利厚生面などの観点から女性の健康管理に関する支援を行っています。

今回の啓発ポスター企画は、一人でも多くの方々に対し乳がんの早期発見や早期治療の意識向上を促し、定期検診を通じて自己の健康管理を推進することを目的としてスタートした、女性従業員中心のプロジェクトです。具体的には、セルフチェックしやすい空間を考慮し、社内女性用トイレの個室にポスターを掲示することで、女性の乳がん自己触診や定期検診への意識を高めています。活動開始から1ヶ月で、女性従業員から「実際に自己触診をやってみた」「定期検診に行ってみようと思った」という声があがるなど、取り組みの成果が見え始めています。また、すでに約2000枚のポスターを社外に配布、一部の空港や大学、企業や団体の女性用トイレにも掲示されております。佐川急便では社内だけではなく、社外でも引き続き要望がある企業、団体には配布し、地道な活動を展開いたします。
10月22日(金)には、内閣府にて蓮舫行政刷新担当大臣を表敬訪問し、大臣からは「女性従業員だけではなく、男性従業員も乳がんについて意識を高め、奥さまやお子さまに自己触診を勧めてほしい」とコメントを頂戴するとともに同活動を高く評価いただきました。また内閣府の女性用トイレにも、同ポスターを掲示いただいています。


蓮舫大臣、日本対がん協会と佐川急便関係者

佐川急便では、「乳がん自己触診」啓発ポスターのニーズと啓発活動展開の参考にするため、20〜49歳の有職者女性500名に対して、「『健康』に関する意識調査」を行いました。

  • ※調査期間:2010年11月12日(金)〜16日(火) 調査対象:20〜49歳の有職者女性500名 調査方法:インターネット

働く女性の半数以上が 「健康面で仕事を続けられるか不安」

グラフ1

まず、「健康のために、普段から気をつかっていることがありますか」という質問については、76%が「ある」と回答。「具体的にやっていること」としては、「乳酸菌や食物繊維を多く摂取できるように心がけている(28歳・埼玉)」、「1日2リットル水を飲む(37歳・福岡)」などがあがり、女性たちの健康への意識は、比較的高いということがわかりました。また、「自分のお金で検診や人間ドックに行ったことがありますか」という質問にも、29%と、4人に1人が「ある」と回答しました。
しかし、「10年後の自分の健康に自信がありますか」という質問には、75%もの女性が「どちらともいえない」または「自信がない」と回答。理由として、「不規則な生活と睡眠不足。(33歳・宮城)」、「仕事のストレスが多いので今後が正直不安。(33歳・兵庫)」などの声があがりました。
また、「自分の健康が不安になる年齢」については、平均で「42歳」という結果に。さらに、「この先、健康面で仕事を続けられるかどうか不安に思ったことはありますか」という質問にも、51%と、半数以上が「ある」と回答しました。〔グラフ1〕
実際に、「病気が理由で休職・退職をしたことはあるか」を聞いた際も、18%が「過去に休職・退職したことがある」または「現在、休職している」と回答。「現在、何かしらの病気で通院をしている人」も23%と、5人に1人という結果となり、多くの女性たちが、自身の健康について、不安を持っていることが明らかになりました。

「婦人科系の病気が気になる」8割、最も気になる病気1位は「乳がん」

グラフ2

それでは、実際に働く女性たちは、どのような病気を不安に思っているのでしょうか。同調査結果から、82%もの女性が「婦人科系の病気が気になる」という結果になりました。
また、実際に「自分が婦人科系の病気なのではと疑ったことがあるか」という質問には、52%と半数以上もの女性が「ある」と回答していました。「気になる婦人科系の病気」としては、64%と「乳がん」が1位に。以降は、2位「子宮頸がん」(51%)、3位「子宮筋腫」(45%)、4位が「子宮内膜症」(31%)、5位「卵巣嚢腫」(19%)と続きました。〔グラフ2〕

「乳がんの自己触診方法を知りたい」 女性の8割が回答!

グラフ3

「女性が気になる婦人科系の病気」の1位となった「乳がん」。そこで、乳がんについて質問をしたところ、「将来、乳がんにかかったら怖いと思いますか」という質問には、96%と、ほぼ全員が「思う」という結果に。
しかし、一方で「乳がん検診を受けたことがある」という女性は47%と、半数以下ということがわかりました。「乳がん検診を受けたことがない理由」としては、1位「費用が高いから」(38%)、続いて2位「面倒だから」(32%)、3位「忙しいから」(31%)という結果になりました。乳がんが「気になる」「不安だ」と感じる女性は多いものの、実際には、費用や忙しさがネックとなり、「乳がん」早期発見につながるアクションを起こしている女性ばかりではないようです。
そんな中、自己触診は、費用をかけず、空いた時間にできるため、乳がんチェックの第一歩としておすすめです。
今回の調査の中でも「乳がんの自己触診のやり方を知りたい」と答えた女性は89%にのぼっていました。〔グラフ3〕

ニュースリリース