ニュース 2007年

【佐川急便】佐川急便、集配車両にて各種バイオ燃料の活用を開始
〜「バイオ天然ガス」の試験活用および「バイオガソリン」の活用を開始〜(2007/07/23)

佐川急便株式会社では、集配車両から排出される二酸化炭素(CO2)削減を目的に、天然ガス自動車による「バイオ天然ガス」の試験活用を実施するとともに、貨物軽自動車(ガソリン車)での「バイオガソリン」の活用を開始いたします。
(1) 「バイオ天然ガス」の試験活用(実施地域:兵庫県神戸市)
佐川急便神戸店(兵庫県神戸市)では、同店が保有する天然ガス自動車の一部を対象に、「バイオ天然ガス」の試験活用を5月23日から実施しています。
バイオガスは、家畜糞尿、生ゴミ、下水汚泥、廃材や動植物などの有機性廃棄物(バイオマス)をメタン発酵させることにより得られるガスです。バイオガスを燃料とすることからガソリン、ディーゼルなどの化石燃料の消費を削減することが出来るとともに、化石燃料の燃焼過程において発生する地球温暖化ガスの削減につながるため、次世代燃料として期待されています。
神戸市では、下水処理の過程にて発生する消化ガスを、高圧水吸収法によってメタン濃度98%以上に精製し「バイオ天然ガス」として活用する装置を民間企業と共同開発し、2006年から市バスやごみ収集車等の公用車にて実証実験を行っています。
そして佐川急便では、神戸市建設局の協力の下、佐川急便神戸店保有の天然ガス自動車を対象に、5月23日から試験活用を実施しています。
今後、「バイオ天然ガス」による車両への影響・性能等を検証し、その検証結果を踏まえて対象車両台数の拡大を検討してまいります。
(2) 「バイオガソリン」の活用開始(実施地域:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)
佐川急便では、一都三県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)の給油所50箇所にて試験販売されているバイオガソリンの活用を、当該地域の貨物軽自動車(ガソリン車)の一部を対象に、今秋から開始する予定です。
バイオガソリンは、サトウキビや廃棄材、大麦やとうもろこしなどの植物を原料とするバイオエタノールとレギュラーガソリンを配合した燃料です。植物を原料とするバイオ燃料を燃焼させた場合、次世代の植物が光合成によりCO2を吸収して育つため、大気中のCO2の総量を増加させないという考え方から、バイオ燃料の燃焼によって排出されたCO2を温室効果ガスとして計上しないことになっています。
そのため日本政府は、温室効果ガス削減の施策として、輸送用燃料によるCO2排出量の削減を掲げており、石油業界では、経済産業省の「平成19年度バイオマス由来燃料導入事業」の補助事業として、本年4月27日から首都圏50箇所の給油所にて、バイオエタノールとレギュラーガソリンを配合した「バイオガソリン」の試験販売を開始いたしました。
今後2010年に予定されているバイオエタノールの本格展開に向けて、段階的に試験販売拠点が拡大されていく計画であり、佐川急便においても試験販売拠点の拡大に応じて、対象車両台数を拡げていく方針です。
佐川急便は、2003年5月に日本企業として初めて、物流企業としては世界で唯一、世界自然保護基金(WWF)の地球温暖化防止プログラム「クライメート・セイバーズ・プログラム」に参加し、事業活動を通じて排出されるCO2の総量を2012年までに2002年度比で6%削減する目標を掲げております。
そして、その目標を達成するための手段の一つとして、2012年までに天然ガス自動車を累計7,000台導入することを計画し、現在までに日本企業として最多保有台数となる計3,394台の天然ガス自動車を導入、また自家用天然ガススタンドを計7箇所に設置しています。(2007年6月20日時点)
佐川急便は、車両を利用して事業を営む企業の責任として、今後も天然ガス自動車の積極導入を図るとともに、各種代替燃料の検証・活用を推進していくことにより、地球環境に配慮した事業展開を図ってまいります。
「バイオ天然ガス」充填の様子
「バイオ天然ガス」充填の様子
○「環境への取り組み」はこちら
(http://www.sg-hldgs.co.jp/csr/eco/)

ニュースリリース